FPSゲームについてのまとめ >> FPSゲームってどんなゲーム?

FPSゲームってどんなゲーム?

FPSって良く言いますけど、ちゃんと意味判って使ってる人ってどれくらいいるんでしょうか。

キャラクター視点で射撃が出来るゲーム全般をFPSだって思ってる人、いるんじゃないですか?

それは違うと指摘しておきます。

FPSって、細かい事言うようですが、ファーストパーソンシューティングの略になります。

正確には、First Person shooterか、ファーストパーソンシューティングゲーム、というのがFPSの元になった言葉です。

良くあるのが、こういった雰囲気のゲーム全般をFPSって呼んでしまう事ですが、似たシステムを持つゲームにTPSってのがあります。

これは、サードパーソンシュティングゲームの略で、違いは一人称視点か、三人称視点かという点です。

どちらも搭載しているゲームもあり、コレはFPSと称される事もあります。

その名が示している通り、FPSというゲームは一人称視点でなければFPSとは呼べません。

一人称視点とは、つまりプレイヤーキャラクターが自身の視界でプレイしている視点になりますね。

で、TPSは三人称視点のゲームになります。

キャラクターの背を見る感じで視界が広いゲームがコレに当ります。

どちらも殆ど同じシステムで動作していますので、区別なその点だけです。

とはいえ、視界に関してはかなり違ってくるので、混同されるのは困った問題です。

ちなみに、ゲームタイトルで例を上げると、サドンアタックはFPSですが、SOCOMはTPSになります。(作品によっては一人称になっている場合もあります)

覚えておきましょう。